Menu

離婚調停出かかる弁護士費用について調べる

離婚をする時、裁判を行わなくても弁護士に依頼することはできます。特に離婚調停の場合に依頼しておくと、書類の書き方とか、調停の時にどのように話すと、その人に取って有利かということも教えてもらえるので、可能であれば依頼しておくと便利です。また調停で合意できず、裁判に移行することを考えた場合に備えて、依頼しておくということもできます。もちろんこの場合は費用がかかります。大体の相場としては、50万円から60万円とみておくといいでしょう。金額は事務所によっても違って来ますので、相談の際に、どのくらいの金額であるかを聞いておくようにしましょう。またお金がない場合でも、法テラスの民事法律扶助という制度を利用することで、一時的に立て替えをしてもらえることができます。

裁判でなくても弁護士に依頼した方がいい理由とは

離婚調停で弁護士に依頼する場合は、離婚に強い事務所、離婚で実績のある事務所を選ぶようにします。最初は役所の相談窓口などを利用したり、法テラスを利用したりするのもいいでしょう。依頼するメリットとしては、まずその人に有利にことを運ぶ、そして失敗を防ぐといった点が挙げられます。失敗を防ぐというのは、よくわからないまま承諾してしまい、後で困った事態になるということです。裁判所で行われるため法的効力が厳しいので、そういう点にも気をつけましょう。また、速く離婚を成立させたい時などには、時間をかけずにスムーズに手続きをしてもらうこともできます。それから弁護士をつけることで、離婚への決意が固いことも伝わって来ます。このような点を総合すると、やはり依頼しておくに越したことはありません。

一括で費用を払えない時はどうすればいいか

離婚調停の場合の費用は、大体50万円から60万円の事務所が多いのですが、事務所によってはそれ以上ということもあります。自分の予算に合った事務所を探すようにしましょう。しかし、お金がないけれど離婚をしたいという時には、まず民事法律扶助があります。これは法テラスで受け付けてもらえ、所得が一定の基準を下回る場合に、費用を立て替えてくれる制度です。それから事務所によっては、月々の分割払いを認めてくれる所もあります。この場合は毎月決まった額を入金することになります。たとえば毎月1万円を、何年かかけて払うといった具合です。しかし離婚調停が長引くにつれて、その分費用もかさんできますので、多少高くてもきちんと対応してくれ、スピーディに執り行ってくれる事務所を探すようにしましょう。

過去にあった当事務所の解決事例をHPにてカテゴリーごとに掲載させて頂いておりますので参考になれば光栄です。 小さなお子様をお連れの方でも安心出来るオムツ替えベッドをご用意しているオフィスもございます。 2014年5月2日:中央経済社より「調査・慰謝料・離婚への最強アドバイス」という本が発売されました。 お電話の方は携帯からのお問合せでも通話無料となっております。 離婚調停の弁護士をお探しならこちらへ