Menu

できるだけ弁護士費用を抑える離婚調停の方法

離婚をする場合は、まず夫婦による話し合いから始まります。この話し合いによる離婚、いわゆる協議離婚で、9割ほどの離婚が成立するといわれています。成立すると公証役場で公正証書を作ってもらい、その後の手続きは、証書の取り決めに従って行うことになります。しかし場合によっては、やはり話し合いだけでは合意できないということもあります。その時は調停を行うことになります。離婚調停は家庭裁判所で行われます。調停委員に夫婦がそれぞれ話を聞いてもらい、合意できた時点で離婚が成立します。それでも合意できない時には、裁判となります。調停の場合は裁判とは違うので、弁護士なしでもできますが、依頼しておくと、その人に取って有利に離婚を進めることができます。もちろんその場合には、費用がかかることになります。

離婚調停の弁護士への依頼は便利な反面費用もかかります

離婚のいわば第一段階である協議離婚では、弁護士に依頼することはそう多くありません。事務所に相談に行くということはあっても、最終的には夫婦で解決することになります。しかしこれで離婚できなかった時は、離婚調停となり、法的な手続きが絡むようになります。素人の場合は、この時点で手に負えなくなるということもあります。そのような時に備えて弁護士に依頼しておくと、書類の書き方や、裁判所でどのように話すべきかなどについて、色々アドバイスをもらうことができます。また、調停の席にも同行してもらえます。こういったことが、調停を進め、離婚を成立させるに当たって、大きなメリットになりますので、できれば依頼しておくのがお勧めです。無論、費用がそれなりにかかりますので、できるだけ抑えたいということもあります。

事務所によって異なる料金体系をうまく利用しましょう

費用を抑えたい場合はまず、相談料が無料の事務所を選ぶようにしましょう。これですと、通常は30分で5400円の費用を抑えることができます。また法テラスで相談すると、無料でできて、しかもその人に合う事務所を紹介してくれます。また所得が少ない場合は、民事法律扶助に基づいて、一時的に立て替えをしてもらい、後から分割で返済という形を取ることができます。また事務所によっては、着手金や報酬金を減額してもらえることもあります。事務所によってシステムが異なりますので、離婚調停に入る前に、見積書を作ってもらうといいでしょう。それから別居している場合などは、かなり遠方の家庭裁判所に出向いたりで、費用がかさみますので、調停の回数を少なめにし、自宅の近くの裁判所で訴訟に持ち込むという方法もあります。