Menu

離婚調停には弁護士が絶対必要です

離婚と一口にいっても、いくつかの方法があります。まず話し合いによる協議離婚があり、それでも合意できなかった時のために、離婚調停があります。この調停でも夫婦が合意できなかった時には、裁判による離婚が行われます。裁判の場合は弁護士が必要になります。この場合は離婚に強い事務所を選んで、依頼するようにしましょう。しかし実をいうと、裁判の時だけでなく、その前から依頼しておいた方が、色々な意味でメリットとなることもあります。もちろん費用はかかるのですが、依頼した人に対して有益なアドバイスをくれたり、あるいは有利にことを運んでくれたりするからです。やはり法律のプロであるわけですから、特に調停となった時点で依頼しておくことで、スムーズに話が運ぶようになります。

調停の時点で依頼した方がいいその理由とは

それでは、離婚調停の時に依頼しておくと、具体的にどのような点でメリットがあるのでしょうか。それはやはり、当事者の言いたいことを、筋道立てて調停委員に伝えてくれることです。当事者の場合はとかく感情的になりがちなのですが、無論、代理人の場合はそのようなことはありません。当事者の気持ちを客観手に踏まえたうえで、手続きを進めてもらうことができます。また、書類の書き方を教えてもらうこともできます。それから離婚調停の場合は、調停条項というものがあります。離婚のための条件というとわかりやすうかもしれません。この条項の内容をよくわからないまま承諾してしまうと、後悔するもととなりかねません。そのためにも、内容をよく説明してくれて、その条件を呑むか呑まないかをアドバイスしてくれる人がいた方が便利なのです、

裁判となった時もスムーズに移行できます

また調停中は、手続きにかかる時間、その間の精神的負担から、早く解放されたいということもあります。そのことを考えても、やはり代理人がいてくれて、全権委任できるということはかなりメリットが大きいのです。特に、再婚したい相手がいる場合はなおさらです。また弁護士をつけておくことで、離婚の意志が強いということをアピールできます。離婚調停で弁護士に依頼することによるメリットは、もうひとつあります。それは、調停で合意に達しなかった場合に、裁判への移行がスムーズにできる点です。もし調停で依頼していなかった場合は、裁判が決まった時点で、急いで弁護士を探さなければなりません。そうならないためにも、調停で離婚が成立しなかった時のことを踏まえて、調停の段階で依頼しておいた方が、様々な点で利するところが大きいといえます。